立花クリニック/脱毛大阪 眼瞼下垂 ほくろ除去 ブリッジセラピー にきび跡消す

最新美容 質問箱
脱毛術の質問箱

いろいろな脱毛法の利点・欠点を教えてください。

以下にまとめてみました。

▼自分でできる脱毛法
【剃る】
ムダ毛をカミソリやシェーバーなどで剃る処理法は、もっとも一般的な方法です。 利点は、手軽で、自分ででき、お金がかからない点です。皮膚への刺激も少ないので、正しく剃れば比較的安全な方法です。ただし皮膚の弱い人はカミソリ負けをすることもあります。特に「逆剃り」は毛穴を傷つけ炎症を起こす元になるので止めましょう。 欠点は、ムダ毛はいくら剃っても、またすぐに生えてきてしまうこと。剃ることで毛が太くなる(毛深くなる)ことはありませんが、剃った後の毛は、先が平らにカットされていますから、見た目が太く見えてしまいます。また剃ることで周囲の毛穴が刺激されて、発毛を促される、つまり結果的に毛が多くなってしまうケースも見られます。
【抜く】
毛抜きなどで毛を1本ずつ抜く方法です。これも広く一般的に行われています。 利点は、剃るのに比べて仕上がりがきれいで、次に生えてくるのが遅い点です。 欠点は、まず大変手間がかかり、抜くときに痛みを伴うこと。清潔にしてから行わないと、抜いた後に雑菌が入って化膿し、炎症を起こす場合もあります。またワキの下など肌がデリケートな部分は、毛穴が盛り上がってトリ肌のようになることもあります。 また、毛抜きで抜く場合、抜く途中で毛が切れてしまうことがあります。こうなると、毛が伸びる前に皮膚が先に回復してしまうので、皮膚が毛穴をおおってしまい、皮膚の内側で毛がうずまき状に伸びる(「埋没毛」といわれます)現象が起こります。特に害はありませんが、見栄えはとても悪くなります。 そして最大の欠点は、剃る場合と同じですが、やはりいくら処理してもまた生えてきてしまう、やってもやってもきりがない点です。
【脱毛ワックス・脱毛テープ】
脱毛ワックスやテープで、毛を固めたり貼り付けたりして、一気に抜く方法です。 利点は、毛抜きに比べて、広い範囲の毛を一気に処理できること。 欠点は、毛抜きよりはるかに痛いこと。また皮膚への刺激もそのぶん大きくて、ヒリヒリする、血がにじむなどのトラブルが起こりがちです。炎症になるケースもあります。また先に書いた「トリ肌」や「埋没毛」なども、毛抜きで抜くより頻繁に起こりがちです。特に皮膚が弱い人には、おすすめできない方法です。 もちろん、抜いて処理するわけですから、ムダ毛はやがてまた生えてきます。
【脱毛クリーム】
毛がアルカリに弱いという点を利用して、アルカリ性の薬品を含んだクリームで、毛を溶かして脱毛する方法です。 利点は、抜くような手間や痛みがないこと、毛先が平らにならないので、次に伸びてきたとき、不自然ではないことなどです。 欠点は、薬品による皮膚のトラブルです。体毛を溶かしてしまうほどの薬品を使うのですから、皮膚にまったく影響がない、とは考えにくく、特に皮膚が弱い人はアレルギー反応を起こしてしまう場合もあります。また、処理してもまた生えてきてしまう点は、上に書いた脱毛法とまったく同じです。
▼エステや医療機関の脱毛法
【電気脱毛】
電気脱毛とは、毛穴に針(絶縁針)をさして電気を流し、毛根・毛球・毛乳頭を破壊してしまう方法です。絶縁針は、表皮に触れる部分が絶縁されているので、表皮を焼かずに、発毛の中枢だけを破壊することができます。 利点は、毛が生えてくる中枢を破壊するので、うまく破壊できれば、そこから毛は二度と生えてこない点です。これが自分でできる脱毛法と、決定的に違うところです。 一度完全に脱毛してしまえば、二度と手入れは不要です。また脱毛後の仕上りもきれいです。 欠点は、まず大変時間がかかります。毛穴のひとつずつに処理をしていくので、両ワキの場合なら、1回に2時間、回数では8回から15回ほども通わなければなりません。 またワキの下のようなデリケートな部分に針をさすのですから、痛みがないわけがありません。痛みの感じ方は個人差がありますが、痛みに耐えられずに、途中で止めてしまう人もかなりいます。 さらに費用がかなりかかります。サロンやクリニックによって違いはありますが、両ワキで40万円から60万円、なかにはさらに高額な場合もあります。
【レーザー脱毛】
レーザー光線を使った脱毛方法です。皮膚の中で、毛根・毛球・毛乳頭などは、メラニン色素を含んでおり、色が濃い(黒い)ところです。そこで色が濃いものだけに反応するレーザー光線を照射すると、皮膚を傷つけずに、皮膚のなかの毛の中枢だけを破壊することができます。 利点は、毛が生えてくる中枢を破壊するので、そこから毛は二度と生えてこない点です。これが自分でできる脱毛法と、決定的に違うところです。 一度完全に脱毛してしまえば、二度と手入れは不要です。また脱毛後の仕上りもきれいです。また電気脱毛と違って、針をさすわけではないので、痛みもほとんどありません。施術の時間も、両ワキの場合で1回5分ほどと、あっという間です。 また費用も、電気脱毛に比べると、格段に負担が少ないといえます。
施術の説明

エステでも脱毛はできますが、クリニックとどう違うのですか?

クリニックは麻酔や抗生物質が使える医療機関です。

これは脱毛だけに限らない大きな違いなので、ぜひご理解いただきたいと思います。 現在、立花クリニックでは電気脱毛は行っていません。しかしレーザー脱毛を導入する前は、電気脱毛を行っていました。その時は、激しい痛みを和らげるために、必要に応じて局部麻酔を使うこともありました。これは医療機関だからできることです。エステは医療機関ではないので、いくら激しい痛みがあっても、麻酔は一切使えません。 また、万一患部が腫れたり炎症を起こした場合でも、抗生物質によるケアができます。エステは医療機関ではありませんから、抗生物質も使えません。 脱毛などは比較的体へのリスクの少ない施術ですが、それでも痛みがなく、安全であるに越したことはありません。 また当院が導入している、最新のダイオードレーザーは、アメリカのFDA(食品医療品局)からその効果と安全性が保証されたものですが、これは医療用レーザーであり、医師免許がないエステでは使えないものです。

レーザー脱毛機器はどれも同じなのですか?

違います。当院は日本で数少ない最新機種を使っています。

現在、脱毛に使用されているレーザーは全部で10種類位あり、いずれも一時的な効果は認められています。しかし、永久脱毛可能と認定されているのはダイオードレーザーだけです。(2000年9月現在) 日本で主に使用されているのは、アレキサンドライトレーザーですが、立花クリニックでは、この最新のダイオードレーザーを使用しています。 アレキサンドライトレーザーに比べて、後から開発された(つまり新製品である)ダイオードレーザーには、先端に皮膚を冷やすクーリングチップというものがついています。レーザーは熱光線ですから、皮膚にあてるときは、やけどを防ぐためにも、必ず冷やしながら行う必要があります。またいくら毛の中枢部分だけを破壊するといっても、レーザー照射時には、やはり軽い痛みがあります。クーリングチップで冷やすことで、この軽い痛みをさらに和らげることができます。 実際にアメリカでは、アレキサンドライトレーザーに代わって、次世代のレーザー脱毛機器として、ダイオードレーザーが大人気なのだそうです。需要が多すぎて生産が間に合わず、アメリカ国内でも納品待ちの状況です。当院でも入手は困難でしたが、運良く確保できたので、先駆けて導入したわけです。

レーザー脱毛に欠点はないのですか?

欠点らしい欠点はありません。

あえて書くなら、レーザーは「黒いものに反応し、白いものには反応しない」性質を持っています。だからものすごく色が黒い人や、同じ理由で、白髪・金髪の人には適応しないことが考えられます。ただし通常はほとんど問題はありません。 また黒いホクロのうえに生えている毛に対しては、効果があまりないと思われます。この場合は先にほくろを治療してから、脱毛することをおすすめします。

レーザー脱毛は誰でも受けられるのですか?

普通に健康体の人なら誰でも受けられます。

年齢、性別は特に関係ありません。慢性疾患をお持ちで通院中の人、投薬を受けている人は、念のためにカウンセリングの段階で申し出て頂くことにしています。また特に皮膚の弱い人、アトピー性皮膚炎にかかっている人、その他皮膚炎にかかっている人には、場合によっては、皮膚炎が治まってから脱毛を行います。

立花クリニック/脱毛大阪 眼瞼下垂 ほくろ除去 ブリッジセラピー にきび跡消す