立花クリニック/脱毛大阪 眼瞼下垂 ほくろ除去 ブリッジセラピー にきび跡消す

最新美容 質問箱
目についての質問箱

美しい目とはどんな目ですか?

やはり二重まぶたがよいようです。

美の基準は時代によって変わります。平安美人という言葉がありますが、そのころ美人といわれた人は細い一重の目でした。浮世絵に描かれている美人もみんな切れ長の一重まぶたで、この細い一重の目は日本女性の代名詞でもありました。 現代では価値観が多様化して、どういう顔が美人とはいえなくなってきました。 しかし目だけはどうも二重まぶたが良いようです。当院に相談に来られる方でも、「二重まぶたにしてほしい」という希望が圧倒的に多いのです。確かに目の上にたった1本の線がはいるだけで、人の表情はまったく違ってきます。生き生きと活動的で、明るく感情を表現できる、ぱっちりとした二重の目。これが一般的には現在の日本の、美人の条件のひとつになっています。

一重まぶたの原因は?

モンゴル系民族特有の「蒙古ひだ」のせいです。

一重まぶたと二重まぶたで世界地図を描くと、一重まぶたの地域はアジアの一部に偏っていることがわかります。具体的には中国、朝鮮半島、日本、そして一部の旧ソ連の国に、圧倒的に一重まぶたが多いのです。 一重まぶたの原因は、モンゴル系民族特有の「蒙古ひだ」にあります。一重まぶたの人の目は、たいてい、厚ぼったいまぶたにおおわれています。これは上まぶたの目頭の部分に、「蒙古ひだ」という小さなひだがあるせいです。この「蒙古ひだ」を持ちやすい体質であること、またまぶたの裏にある眼窩脂肪が多いこと。一重まぶたは、主にこのふたつの理由でなるのです。 もちろん同じ日本人でも、「蒙古ひだ」を持たない人もいます。眼窩脂肪が少ない人もいます。そのような人は、一重まぶたにはなりません。

手術をせずに、二重まぶたにすることはできませんか?

可能ですが、おすすめはできません。

手術をせずに、二重まぶたを作る方法として、アイテープというものが、何十年も前に流行したことがありました。目の上に細いテープをはって、人工的に二重を作るもので、今でも愛用している人もいるようです。 しかし、毎日テープを貼り続けるのは、手間もかかるしお金もかかります。10年くらいテープを貼り続けて、まぶたの皮膚がただれてしまった人もいるようです。だからといって、ずっと二重で通してきたものを、いまさら一重には戻れないのです。 他にも接着剤のようなものを使う方法などがあるようですが、とにかく手間とお金がかかり、皮膚が痛む可能性がある、やめると元に戻ってしまう点は同じです。そんなに面倒なことをするくらいなら、いっそ手術で本物の二重まぶたを作ってしまった方が良いのではと思います。

二重まぶたの手術にはどんな方法がありますか?

大きく「切開法」と「埋没法」があります。

二重まぶたを作る手術には、大きく「切開法」と「埋没法」というふたつの方法があります。 「切開法」はまぶたの端から端までを切って、眼輪筋という筋肉と眼窩脂肪を取り去ります。こうすると外人の目のように、まぶたの裏に余分なものが何もなくなります。 切って行う施術ですから、施術には1時間程度要しますし、入院の必要はありませんが、術後に腫れがひくまでにも、多少時間がかかることもあります。 ただしどんなにふくらんだまぶたでも、タルミがあっても、確実にきれいな二重まぶたをつくり出します。二重まぶたの施術として最も歴史のある方法です。 「埋没法」は、まぶたの1〜2カ所を糸で止めて、二重まぶたをつくり出します。皮膚を切る必要がなく、施術時間も両目あわせて10分程度なので、切開法に代わって急速に広まりました。万一気に入らない場合は、糸を抜けば簡単に元に戻すこともできます。 現在、ほとんどの美容外科が行っているのが、この「埋没法」です。糸をとめる箇所が、1カ所か2カ所か、病院によって違いがあり、名前もそれぞれ工夫してつけられていますが、原理的にはどれも同じ方法です。

立花クリニックではどうしているのですか?

独自のクイック二重をおすすめしています。

クイック二重は、「埋没法」を独自に改良した方法です。「埋没法」は簡単なのですが、それでも術後の腫れが3〜7日ほど残り、その間は人に会うのがためらわれます。 当院独自の経験と技術により開発されたオリジナルクイック法は、術後より自然な二重まぶたができ、目の腫れも最低限にすることができます。 わずか10分ほどの手術で、思い通りの二重まぶたができています。人に会ったり、会社に行くこともできます。もちろん普段通りにお化粧をしてもかまいません。 ただしあまりにまぶたが腫れている人や、皮膚の厚い人、まぶたのタルミの強い人には適応できません。そのような場合や、ご本人が特に希望される場合は、「切開法」を行っています。
施術の説明

立花クリニック/脱毛大阪 眼瞼下垂 ほくろ除去 ブリッジセラピー にきび跡消す