立花クリニック/脱毛大阪 眼瞼下垂 ほくろ除去 ブリッジセラピー にきび跡消す

最新美容 質問箱
ワキガの質問箱

ワキガの原因は何なのですか?

わきの下のアポクリン腺から出る汗です。

汗には2通りあります。ひとつはエクリン腺から出る汗。もうひとつはアポクリン腺から出る汗です。このふたつの汗は性質がまったく異なります。エクリン腺は全身にあって、99パーセント水分のサラサラした汗を出します。一方、アポクリン腺はわきの下や陰部、頭部、耳の穴などに集中しており、さまざまな物質をふくんだ濃厚な汗を出します。このアポクリン腺から出る汗は、もともと動物が、発情期に異性を呼ぶときに分泌していたものです。人間の進化とともに、アポクリン腺は退化して、今では身体の一部にしか残っていません。このアポクリン腺の汗が、ワキガの臭いの元なのです。

ワキガの人はなぜ臭うのですか?

汗の量、成分、細菌などが関係しています。

はっきりしたことはまだわかっていませんが、いくつかの原因が考えられます。 1つは、アポクリン腺がたくさんあり、汗の量が多いことです。事実、体臭が強い欧米人や黒人は、日本人よりアポクリン腺が多いといわれています。 2つ目は、汗の成分です。アポクリン腺から出る汗には、脂質、たんぱく質、鉄分、アンモニア、色素などがふくまれ、それらがお互いに作用しあって悪臭を放ちます。 3つ目はわきの下の細菌と、皮脂腺から分泌される脂肪です。アポクリン腺の汗の出口は、毛穴とつながっています。そしてこの毛穴は、皮脂を分泌する皮脂腺ともつながっています。 わきの下はどうしても湿っていて、細菌が繁殖しやすいうえ、皮脂がたくさん分泌されると、アルカリ度が増して、さらに細菌が増殖しやすくなります。増殖した細菌は脂肪を分解しますが、その時に悪臭がでるといわれています。 また99パーセント水分といわれる、エクリン腺から出る汗も、けっして無関係ではありません。これがアポクリン腺から出る汗や、皮脂をとかして、臭いをばらまいています。

ワキガ体質の人がいると聞きましたが。

食生活の変化などで、日本人でも増加しています。

いま日本人で、10人に1人がワキガ体質だといわれています。欧米では80パーセントがワキガ体質だといわれていますから、それよりはずっと少数ですが、それでもワキガは確実に増えてきました。 日本人はもともと体臭の少ない民族です。しかし食生活が欧米化するにしたがって、ワキガの人も増えてきたのです。高カロリー、高たんぱくの欧米型の食事は、アポクリン腺や皮脂腺の活動をさかんにします。また動物性脂肪にふくまれる「不飽和脂肪酸」は、肝臓で分解されてエネルギーになりますが、一部はアポクリン腺や皮脂腺から分泌されます。この分泌物が臭いの元になるので、肉や乳製品をたくさん食べる欧米人は、ワキガが多くなるのです。 また食生活だけでなく、遺伝も関係しています。両親がともにワキガの場合、その子供がワキガになる確率は80パーセントともいわれています。遺伝的要素が強いうえに、親子は食生活も同じですから、親がワキガだと、子供もワキガになりやすいのです。

ワキガは手術でしか治らないのですか?

市販の薬(デオドラント剤)は一時しのぎです。

ワキガの薬には、臭いを押さえる効果のものと、汗を押さえる効果のものがあります。消臭剤は、わきの下を清潔に保ち、臭いの元になる細菌の繁殖を防ぐことで、臭いを押さえます。制汗剤は、血管を収縮させて、アポクリン腺の分泌を押さえることで、汗を押さえます。最近ではよい薬が出回っていますが、その効果は半日もてば良いほうで、やはり一時しのぎの感をぬぐえません。 こうした薬剤は一日に何回も塗れませんし、また人前で使うわけにもいかないので、とても面倒です。また薬のせいでよけいに服にしみをつけたり、長く使いすぎてわきの下の皮膚がただれることもあります。 軽く臭う程度の人ならともかく、真性のワキガの場合、臭いを断ち切ることは無理でしょう。

エステでワキガは治せないの?

エステのワキガ治療は、再発する可能性が高いです。

ひところエステで「脱毛と同時にワキガが治る!」と宣伝していましたが、近頃聞かなくなりました。効果がないことがようやく浸透してきたからでしょうか? エステのワキガ治療は、「電気凝固法」と「電気分解法」の2通りがあります。どちらも脱毛法からスタートしたもので、毛根といっしょにアポクリン腺や皮脂腺を処理するのですが、これらを完全に破壊することが難しいので、数ヶ月で元にもどってしまいます。 当院に来られる患者様でも、2回、3回と同じ手術を受けたけれど、駄目だったという人が何人もいます。

ワキガを完治させるためには?

アポクリン腺などの皮下組織を取り除きます。

先の解答で述べたように、ワキガの元はアポクリン腺、皮脂腺、エクリン腺などの皮下組織です。そこで、これらを毛根といっしょに完全に取り除いてしまいます。臭いの元を根こそぎ取ってしまうので、どんなに強いワキガの人でも、確実に完治できるのです。 手術法には「切開法」と「吸引法」の2通りがあります。「切開法」は確実に皮下組織が取れる方法です。わきの下のしわに沿って、3〜4センチ皮膚を切り、特殊な器具をさしこんで、皮膚の裏側から皮下組織を削り取ります。もちろん麻酔をしますので、少しも痛くありません。汗腺、皮脂腺、毛根まで完全に取り除いてしまうので、再発はほとんどなく、所要時間も約1時間です。入院の必要はなく、その日のうちに帰れます。1週間後にはまったく普通の生活ができます。 もうひとつの「吸引法」は、わきの下を3cm位切開して、細い管をさしこんで、汗腺、皮脂腺、毛根などを吸い出して取り除く方法です。比較的簡単に行えることが利点ですが、完治できない可能性があります。当院では患者様の状態により、それぞれの特長をふまえて、最適の方法をおすすめしています。 施術の説明

立花クリニック/脱毛大阪 眼瞼下垂 ほくろ除去 ブリッジセラピー にきび跡消す