眼の下のクマ

眼の下のクマのお悩み

しわ

眼の下のクマは、老けて見られるだけではなく、疲れた印象も与えます。原因は、大きく3つに分けられます。

  • シミ、肝斑、太田母斑の様なアザ、日焼けなどにより下眼瞼の皮膚自体の色が濃いもの
  • 立体的に皮膚がくぼんで影になっているもの
  • 皮膚が薄くなって、奥にある静脈が透けて見えているもの

原因によって治療方法は異なりますので、まずは正確な診断が大事です。

立花クリニックでは、眼の下のクマ治療に『強力FGFピーリング』をおすすめしています。

くまイメージ画像

眼の下のクマ

今までになかった最新治療『強力FGFピーリング』

スーパーコラーゲン

しみ、肝斑、太田母斑、日焼けや、皮膚が窪んで影になっているクマの状態には、従来から一般的に行われている、塗り薬や飲み薬、ビタミンCイオン導入、しわ取りレーザー、たるみ取り手術、脂肪注入、脂肪除去手術などで対応することができます。

しかしながら、皮膚が薄くなって静脈が透けて見えている場合というのは、かなり多くの方に見られるものの、今まであまり良い治療法はありませんでした。これに画期的な治療として出てきたのが『強力FGFピーリング』です。安全性が高く、薄い皮膚の部分に照射できることが魅力です。

ディープエフエックスで下まぶたに小さな穴をたくさん開けます

1/500秒という超短時間照射が可能にする下まぶたへの安全な治療です。

まずDeepFX(ディープエフエックス)という直径0.12㎜の小さなスポットで深い照射を行うレーザーを、下瞼の皮膚に当て、満遍なく小さな穴をたくさん開けます。その後に、イオン導入を利用してFGF(線維芽細胞殖因子)を皮膚の中に浸透させます。すると1ヶ月くらいで皮膚のコラーゲン産生量が増えて厚みが増し、奥にある血管が透けて見えににくくなります。1回治療するごとに、下瞼の小じわが減っていくのがわかります。

従来型他者機種とディープフラクセルの違い

痛みがなく、ダウンタイムが短い。安全性の高い施術

この施術では、塗る麻酔をぬるだけで痛みも殆ど感じません。出血もなく施術後の赤みも翌日にはほとんど出なくなります。メイクも翌日に可能です。1ヶ月ごとに3回の治療が目安です。

  
立花院長から一言

眼の下のクマの治療は難しいです。何故なら皮膚が薄くて血管が透けて見える状態を改善しにくいからです。実際は、これが原因の症例がかなり多いにもかかわらずです。強力FGFピーリングはこれを改善できる画期的な治療です。

眼の下のクマ

強力FGFピーリング/両下眼瞼 ¥60,000(税別)/1回

その他、このような眼の下のクマ治療も行っています

  • レーザー治療
  • 肝斑用の塗り薬・飲み薬
  • ビタミンCイオン導入
  • 瞼の脂肪注入
  • 脂肪除去手術

※詳細はお問い合せください

  • 06-6629-1000
  • オンライン予約

院長メッセージ

06-6629-1000

【診療時間】
< 平日 >
AM9:30~12:00
PM13:00~18:00
< 土曜 >
AM9:30~12:00
PM13:00~17:30

木曜日・日曜日・祝祭日休診

立花クリニックの美肌エイジングケア

しわ治療に… スーパーコラーゲン

スーパーコラーゲン

さらに詳しく

気になるたるみに… STリフト

STリフト

さらに詳しく

気になるしみ・肝斑に…

さらに詳しく

気になるほくろ・イボに… ウルトラパルスCO2レーザー

ウルトラパルスCO2レーザー

さらに詳しく

気になるにきび跡に… ブリッジセラピー

ブリッジセラピー

さらに詳しく