立花クリニック/脱毛大阪 眼瞼下垂 ほくろ除去 ブリッジセラピー にきび跡消す

眼瞼下垂症
施術費用■眼瞼下垂の手術

わずか10分程度の技術で、理想のf二重まぶたが貴方のものに。眼瞼下垂とはこんな病気です



眼瞼下垂には先天性(生れつき)と後天性(ケガや老化によるもの)の2種類があります。
その中で最も多く、かつ手術による改善がしやすいのが老化によるものです。
これは上眼瞼挙筋(まぶたを挙げる筋肉)と瞼板(まぶたの裏側にある硬い板状の組織)との結合部分が年齢と共に徐々に緩んでくる為にまぶたを開ける力が弱ってくる病気で、これを老人性眼瞼下垂あるいは腱膜性眼瞼下垂と言います。
ゆっくり進行してくる為に本人は『年だから仕方がない』と諦めている場合が多いようです。
しかし、中には30歳台でも発症している事があります。
コンタクトレンズを長期間使用している方や、ケガで似たような状態になっている事があるのです。

眼瞼下垂症チェック

(1)黒眼の上端はいつも瞼に隠れている。
(2)おでこのシワが顔の他の部分より目立つ。しかも数が多い。
(3)原因不明の頭痛・肩こり・ショボショボとした眼の疲れなどが年々強くなっている。
(4)上まぶたのクボミがだんだん深くなってきている。
(5)元々は二重まぶたなのに、徐々に二重の幅が広がって、二重のラインが消えかかってきている。
(6)眉毛を挙げないと眼が開けにくい。
上記の6項目の内、当てはまる項目が・・・
 0コ:眼瞼下垂症ではない。
 1コ:眼瞼下垂症の可能性あり。
 2コ:眼瞼下垂症の可能性が高い。
 3コ:恐らく眼瞼下垂症と考えられる。
 4コ以上:ほぼ、眼瞼下垂症に間違いありません。

眼瞼下垂の方はこの様な症状で悩んでいます

  1. 黒眼の上端はいつも瞼に隠れて視野が狭い。
  2. おでこのシワが顔の他の部分より目立つ。しかも数が多い。
  3. 眉毛を挙げないと眼が開けにくい。
  4. 上まぶたのクボミがだんだん深くなってきて老けたと言われる。
  5. 元々は二重まぶたなのに、二重のラインが浅くなり埋没法を受けたが良くならない。
  6. 原因不明の頭痛・肩こり・ショボショボとした眼の疲れなどが年々強くなっている。
  7. 眼の開閉がしんどくてテレビを見るのも辛く、音だけ聞いている。


お問合せ

眼瞼下垂の重症度

眼瞼下垂の治療の流れ

1)診察
眼瞼下垂の有無と程度を確認します。
その上で治療可能か判断し、患者様の希望に沿って最適の治療法を説明します。

2)治療
治療方針に従って局所麻酔で手術を行います。
切る手術の場合は通常のメスではなくウルトラパルスCO2レーザーを使用します。
これにより手術中の出血や腫れが格段に減らせます。
またその分、手術時間も短くて済みます。

3)術後説明
手術が終わると暫く冷やして薬を塗って帰宅していただきます。
内服薬と塗り薬、痛み止め、点眼薬などをお渡しします。
サングラス等を着用し、一人で電車などで帰る方が多いです。
1〜2日後には傷を濡らすことが出来ます。抜糸は4〜6日後になります。

立花クリニックの眼瞼下垂手術の特徴

切る手術の場合
当院では切る手術をする場合、普通のメスは使わずにウルトラパルスCO2レーザーという特殊なレーザーメスを使います。
このレーザーメスはパルス幅が1000分の2秒以下という超短時間(皮膚の周辺組織への熱拡散時間よりも短い)に強力なエネルギーを照射できる高性能レーザーなので、一般的なレーザー機器の短所である周辺組織への熱損傷が殆どなく、皮膚の極めて薄い上まぶたにも安心して使える優れた装置です。

こんなにある
ウルトラパルスCO2レーザーを使うメリット

1)手術中の出血が格段に少ない!
皮膚などを切開した瞬間に細かい血管は凝固止血されるので、手術中の出血が極めて少ないか、あるいは殆どありません。

2)手術時間が短い!
出血が少ないお蔭で止血操作に必要な時間が省かれます。更に、術野が血液で汚染されず綺麗なので手術操作がスムーズに行え、それだけ手術時間が短縮できます。

3)手術後の腫れも少ない!
表面の出血だけでなく術後の腫れの原因になる皮下出血も減少します。また手術時間は短い方が、臓器が不必要に空気に曝される時間が短縮されて術後の腫れが少なくなります。

4)傷の治りが早く、綺麗!
このウルトラパルスCO2レーザーのもう1つの特徴として、傷同士の引っ付きを促進する働きがあります。ですから通常のメスで手術した場合よりも傷の治りが早くなり、その分綺麗に治ります。その効果で手術した翌日から傷口を濡らせるようになる事が多いのです。(個人差はあります)

5)安全性が高い!
必要な所以外には熱が拡散しないので極めて安全な装置であり、そのお蔭で眼球のすぐ近くを切る手術にも使用できるのです。

ウルトラパルスCO2レーザーの欠点

1)器械の値段が高い!
良い事ずくめのウルトラパルスCO2レーザーですが、欠点もあります。それは値段が1000万円を超える高額な装置だという事です。
2)器械の扱いには熟練が必要
普通のメスに比べると手の細かな動きが直にウルトラパルスCO2レーザー光線の方向や皮膚を切る深さに影響しますので、ある程度の慣れが必要です。

当院では手術のレベルを高く保つ為に10年以上も前から初代のウルトラパルスCO2レーザーを導入し、現在は第2世代の最新型装置を使用しています。
しかも手術費用は普通のメスを使った場合と同じで、保険適応3割負担の方で両まぶたの費用が45,000円程度なのです。


お問合せ

症例写真(切る手術)





当院で眼瞼下垂手術を受けられた方々の体験談

(FA62歳)
年だからしょうがないと諦めていましたが、通っていたスポーツジムで手術を受けた友達の話を聞いて私も受けようと決心しました。保険で出来るとは思わなかったし、こんなに眼が開け易くなるとは驚きで、本当に受けて良かったです。
(HM69歳)
眼を開けるのが年々辛く、最近はテレビを見るのも疲れるので音だけを聞くような状況でした。眼瞼下垂と言われても内容は正直理解できていなかったと思います。ただ、良くなるなら何でもいいから受けてみようと思ったのです。今は本当に楽になりました。それに視野が広がったし肩凝りも無くなったのでとても嬉しいです。
(HK73歳)
私はまぶたのタルミが多くなったせいで眼が小さくなったと思っていました。ところが、タルミと眼瞼下垂が原因だと説明され、おでこのシワが深い事と眼の周りが疲れ易い事は関係がある事がわかりました。それでどうせ手術するなら徹底的に治したいと思い、切る手術を選びました。今は黒眼も大きく見えておでこのシワも減り、以前より若返ったとよく言われます。
(KC70歳)
以前から眼を開けるのが辛くて、近所のクリニックで診察を受けたら眼瞼下垂症と言われ早速手術を受けました。
しかし、効果が無いので2ヵ月後にもう一度そこで手術を受けたのですがやはり変わりませんでした。
困っていたところ友達に立花クリニックを紹介して貰い3回目の手術に踏み切ったのです。
現在は眼も開けやすくなり、肩凝りも改善できたので諦めなくて良かったと思っています。


お問合せ

眼瞼下垂手に関するQ&A

眼瞼下垂は何故起こるのですか?
眼瞼下垂には先天性(生れつき)と後天性(ケガや老化によるもの)の2種類があります。その中で最も多いのが老化によるものです。これは上眼瞼挙筋(まぶたを挙げる筋肉)と瞼板(まぶたの裏側にある硬い板状の組織)との結合部分が年齢と共に徐々に緩んでくる為にまぶたを開ける力が弱ってくる病気で、これを老人性眼瞼下垂あるいは腱膜性眼瞼下垂と言います。ゆっくり進行してくる為に本人は『年だから仕方がない』と諦めている場合が多いようです。しかし、中には30歳台でも発症している事があります。コンタクトレンズを長期間使用している方や、ケガで似たような状態になっている事があるのです。
眼瞼下垂の手術を他院で受けたのですが、正直なところ手術の失敗ではないかと思っています。効果が無い上に傷跡だけが残っているので、到底満足できません。こちらで修正手術を受ける事は可能ですか?その際にも、保険は効きますか?
眼瞼下垂の他院での手術後に不具合があって、当院で修正手術を受けられた方は多数居られます。不満の内容は様々ですが、主なものは以下です。

@効果が無い
A傷跡が目立つ
B左右差が大きい
C逆に眼が開きにくくなった。
D眼が閉じにくくなった

状態によって修正の方法は変わってきますので、診察してみないと解りませんが、大抵の場合修正する事は可能ですし、勿論保険で手術できます。
当院の手術方法が他院と違うのは、ウルトラパルスCO2レーザーを使って皮膚を切開するという点です。
詳しい説明はこちら



これを使う事で患部を正確に殆ど出血させずに展開できますので短時間で的確な手術が可能になります。
眼の周囲は血管が豊富で、通常のメスによる手術の場合は招かざる出血に難渋する事が良くあり、それが手術の効果不足や不具合の遠因に もなりかねないのです。また再手術の場合には患部が癒着しており、初回手術以上に解剖構造の確認や展開が困難になりますが、その際にも ウルトラパルスCO2レーザーが威力を発揮してくれます。
眼瞼下垂になるとどんな症状が出ますか?
眼を開ける力が弱る為に、無意識に前頭筋(おでこにシワを作る筋肉)やその周辺の筋肉を総動員して開瞼力を補おうとします。従って、おでこのシワが深くなり、眼の周辺が疲れやすくなり、視野(見える範囲)が狭まります。ます。夕方から夜になると眼がしょぼしょぼしたり、頭痛、肩凝りがひどくなる事も多いのです。更に重症化するとテレビを見るのもしんどいので眼を閉じて音だけ聞いているとか、指で広げないと自力では瞼を開けることが出来ないという方も居られます。また外見的にも黒目がまぶたに隠れて小さくなり、眉を挙げる癖が常態化し、上まぶたの窪みも深くなり老けた印象が強調されてきます。
眼瞼下垂は放置しても良いですか?死ぬことはありませんか?
死に至る病ではないので症状が軽ければ放置しても構いません。ただ年齢と共に進んでくる病気なので徐々に症状が強くなって来る事が多いようです。日常生活に多大な不便があれば、治療を受けるメリットは大きいです。
眼瞼下垂を治すにはどうしたら良いですか?
この病気は、上眼瞼挙筋の機能自体は元気ですので手術で緩んだ部分を補強すると眼を開ける力が見事に回復できます。
メスで切るのですか?傷の治りはどうですか?
当院では普通のメスではなく、ウルトラパルスCO2レーザーというレーザーメスを使って手術をします。このレーザーは皮膚などを切った瞬間に小さな血管が自動的に止血される為、通常のメスを使った手術に比べ腫れや内出血が格段に減ります。また止血操作が大幅に省略されるので手術時間も短くて済みます。更に傷の治りを早める効果があるために、傷跡も比較的綺麗で手術の翌日か翌々日には傷を濡らしてシャワーを浴びる事が可能で、抜糸も4日目から6日目には出来ます。
眼瞼下垂の手術は保険でできますか?
健康保険の適応ですので3割負担の方であれば両まぶたの手術で45,000円前後の費用で手術を受けることが出来ます。
手術は日帰りでできますか?所要時間はどれぐらいですか?
切る手術の場合は両まぶたで約2時間で終了し、麻酔も局所麻酔だけで出来ますので、入院の必要はありません。3〜4時間後には皆さん自力で歩いて帰られます。
手術後は毎日消毒に通うのですか?
通院は手術当日と1〜2日後に診察、4〜6日後に抜糸、1ヵ月後に診察の合計4回でほぼ足ります。
手術中の痛みや手術後の痛みや腫れ、内出血はどれぐらい続きますか?
手術前に局所麻酔の注射をしますので、それが済めば痛みはありません。手術後は翌日ぐらいまで痛み止めを服用しますが薬が良く効きます。3日目以降に痛み止めが必要な事はほとんどありません。腫れや内出血は通常は2週間前後で引きますが、傷跡が落ち着くのには1ヵ月ぐらい必要です。
眼瞼下垂を予防する方法はありませんか?
現在確実に有効な方法は見当たりません。しかし、コンタクトレンズを長期に使用しているのであればなるべく避けた方が良い事は確かです。


お問合せ

立花クリニック/脱毛大阪 眼瞼下垂 ほくろ除去 ブリッジセラピー にきび跡消す